■ 既刊案内・その他 ■

ここではTRPG(テーブルトークRPG)のルールブックとその他の書籍を紹介します。


▼ 角川G文庫から出版されていますが、もう絶版になっています(泣)。
書名 説明
1 ガープス・ベーシック  これがないと始まらない、ガープスの基本ルールが載っています。
 落下ダメージや、物を壊す時に必要な力まで計算できるという、小説を書く時にも使える一冊です(笑)。
2 ガープス・マジック  魔法の呪文書とでもいうべき一冊。各種呪文のデータが載っています。
3 ガープス・ルナル  ルナル世界で遊ぶための一冊。ワールドガイドからモンスターなどの紹介まで色々載っています。
4 ガープス・ルナル・モンスター  〈悪魔〉から動物レベルまでモンスターの事があれこれ書いてある本。
 有名なモンスターや普通の動物など、ルナル以外の生き物についても記載されています。特殊な魔法アイテムに関する事も載っていて面白い一冊です。
5 ガープス・ルナル・アドベンチャー
「鬼面都市の冒険」
 バッドカを舞台にしたシナリオ集とシティガイドが載っています。
 「魔の眠る砦」「花束を、きみに」「時の向こうの殺人者」の3本のシナリオがあります。「時の〜」は結構面白いストーリーですよ。
6 ガープス・ルナル・アドベンチャー
「月を追うものたち」
 持ってません。
7 ガープス・ルナル・コンパニオンズ  持ってません。
8 ガープス・マーシャルアーツ  ガヤン投極術、アルリアナ蹴打術、カルシファード刀術、トロール戦場格闘術、龍闘技蹴撃術、 龍闘技投破術の運用ルールが載っています。  ガープス・ルナルの完全版で改正されてしまったけれど……。


▼ 富士見ドラゴンブックから出ています。
1 ガープス・ベーシック
完訳版
 内容の密度も量もパワーアップ! さらに値段も大幅にパワーアップ(泣)。  超能力のルール、新しい特徴、シナリオなどが追加されていて、内容は充実しています。
2 ガープス・ルナル
完全版
 新種族、新アイテムなどの他、カルシファードのルールが追加されています。 これが最新のルールとして採用されいるようです。
3 ガープス・マジック
完訳版
 ルーン魔法、即興呪文のルールが追加されています。  呪文の英語表記が載っているのが嬉しい♪
4 ガープス・マーシャルアーツ
完訳版
 未所持です。
 ルナル関連では、〈龍〉闘技の追加ルール、新しい格闘動作などが掲載されているようです。
5 ガープス・パワーアップ  未所持です。
 「ミステリアス・キャッツ」「ソーサルナイツ・アカデミー」「マジカル・シーフ」などの新しい世界案内があり、 それらで遊ぶための本です。ルナルにも導入可能な新呪文があるようです。
6 ガープス・グリモア
完訳版
 技術系呪文のような新しい系統や、既存の系統の追加呪文があります。 それらの呪文をルナルの世界に導入するための指針が書いてあります。
7 ガープス・ユエル  ガープス第四版に対応したルールブックですが、この一冊でも遊べるようにルールがサポートされています。 人間でのPCの作成について記述されています。 キャラクターのアーキタイプ、ジャナストラの歴史、地理案内、サンプルシナリオなどが掲載されています。


▼ その他の書籍
1 ルナル・サーガ
パーフェクトコレクション
 持っていません(泣)。たぶん角川書店から出ています(今は絶版になってる)。
 文章・イラスト共に書き下ろしがメイン、という謳い文句が書かれています。双子の両親の出会いを扱った小説が掲載されているので、それだけでも読みたいものです。
2 ルナル・サーガ外伝
ターデン篇(上) 虹の影
 もはや存在自体が伝説のマンガ版ルナル。所有していないので詳細は判りませんが、下巻は出版されていないようです。


 上の表で私が持っていない本についての情報を頂きました。どうも有り難うございます。

★情報提供者:mikaeruさん
『ガープス・ルナル・アドベンチャー 月を追うものたち』
  • キャラクターの作成データとして、銀の月の四種族、彷徨いの月(フェリア、ギャビット、シャロッツ)、 エルファのジャング氏族とカアンルーバ氏族。
  • サンプルシナリオとして、「笛のごとく、そは響く」「海からの贈り物」「とまどいの刃」「忘れられた約束」が収録されています。
  • 作成&氏族データは『ガープス・ルナル 完全版』で再録してありますので、 そちらのほうは問題ないかと思われます(多少基本セットのCPは上下しています)。 サンプルキャラクターのヤン達のCP総計が125に引き上げられているので、 若干「鬼面都市の冒険」よりは強力な敵の出現するシナリオになっています。
『ガープス・ルナル・コンパニオンズ』
  • グラダス半島で住み暮らすキャラクター達が沢山サンプルキャラとして載っています。
  • ムルマイルのデータや〈陥没都市〉ゲンディシャーのこと。
  • 闇タマットの組織説明、ゲルーシャの作成データが載っていました(どちらも『ガープス・ルナル 完全版』に再録済み)。
『ルナル・サーガ パーフェクトコレクション』
  • 収録してある小説は「月は我が胸に」というタイトルです。
  • 出版は角川書店。
『ルナル・サーガ外伝 ターデン篇(上) 虹の影』
  • 作画者は神谷順先生です。
  • 内容は小説版とほとんど同じで、「幻の虹が影を呼ぶ」と「紫の髪が闇に散る」が収録してあります。 アンディやエフィ、ムークさんの顔はあまり変化がないのですが、 フラウちゃんとメレイくんはまるで別人のごとくな顔になっております(笑)。



ルナル・サーガ データベース